「無垢フローリング」とはいうけど…いったいどんなもの?

 


「無垢フローリング」と名前は聞いたことあっても、どんなものかよくわからない…、いや初めて知った、という方もたくさんいるかと思います。
「無垢フローリング」とは住宅および建築物に使用する、自然にある本物の木から切り出して加工した床材です。
自然素材の床材として、新築やリフォームにおいて注目を浴びていると思います。
そこで、無垢フローリングとはなにか、しっかりと説明させていただきます。
無垢フローリングの良さ、そして注意点など、皆様にわかりやすくお伝えできればと思います。
ぜひフローリングを選ぶ際の参考にしてください。



↓以下、各項目のリンクになっております。
・無垢フローリングと複合フローリングの違い

・失敗しないために…無垢のメリット、デメリット
・塗装について
・グレードについて




無垢フローリングと複合フローリングの違い

◆無垢フローリング
一本の木から切り落とされ、 作られたフローリングです。まさに「木」そのものなので伸び縮みがあったり、手入れを必要とするが、補修は比較的容易。樹種も豊富なので、さまざまな質感や意匠の中から選ぶことができるので他とは違うこだわりのある空間を造ることができる。


◆複合フローリング
薄い板材を何層にも張り合わせて作られたフローリングです。集成材であるので、木の弱点であった伸び縮みがほとんどない。また価格によっては、木を薄くスライスして表面に張り合わせた突板仕様や、木の模様をプリントしたシート仕様などある。長年使用すると、表面のはがれなどがおきたり、補修は容易ではない。





失敗しないために…無垢のメリット、デメリット

◆メリット
1.本物の『木』であること
無垢フローリングは複合フローリングとは違い、自然の木そのものからできています。なので、ぬくもりのある「木の質感」を味わうことができます。リラックスできる、落ち着いた空間造りにも役立ちます。


2.種類が豊富
一概に『木』とはいっても、たくさんの樹種があり、それぞれ色・質感・柄が違います。必ずお気に入りの一つが見つかると思います。


3.オンリーワンの家造りができる
無垢フローリングは同じ樹種でも1枚1枚柄が違います。仮に同じ樹種の無垢フローリングを使って別々のお部屋を作ったとしても、同じ樹種を使ったと思えないくらい見え方が違います。ということは、他にはない、世界に一つだけの家造りができます。


◆デメリット
1.伸び縮みがあること
その場所の気候や温度、湿度などにより異なりますが、無垢フローリングは木そのものなので、伸び縮みやそれに伴うひび割れ、反りが起こります。ただ、この性質のおかげで、補修がしやすいこともあります。


2.メンテナンス性
樹種によっては、硬いもの・やわらかいものとあり、表面のキズがつきやすいこともあります。また、自然塗装のフローリングの場合、定期的な塗装が必要なこともあります。


3.価格
樹種、サイズ、グレード、塗装によって価格はピンキリですが、やはり複合フローリングと比べるとどれも比較的高めです。さらに施工性によっても変わってきます。無垢フローリングの1枚のサイズは、厚み15×巾90×長さ1820(mm)に対し複合フローリングは、厚み12×巾303×長さ1820(mm)です。(一般的な寸法なので一概にすべてとは言えませんが。)つまり、巾の狭いほうが張り上げるのに手間がかかるので、施工代は高めになります。


◆ちょっと一言
「無垢はメンテが大変だし…」と思われがちですが、車も、家電も、ケータイだって服だって人間だって、生活していくにおいてメンテナンスがいらないものはないと思います。むしろメンテナンスをせずに放置したままの方が、後々大変なことになります。これは無垢フローリングに限ったことではないと思います。少しは気にかけてあげた方が、より愛着が湧き気持ちよく生活できるのではないでしょうか。そして、どんな良い商品でも、メリットばかりではなく、必ずデメリットは存在します。それらをしっかり踏まえたうえで、『自分にとって良いもの』なのか検討することをおススメします。





塗装について

◆無塗装
無垢の木そのままで、フローリング表面には塗装による仕上げをしていません。なので、塗料を用意すれば、クリア塗装・自然塗装にとらわれない、自分好みの色に仕上げることも可能です。また、無塗装でも使用はできますが、汚れや耐久性を気にされるならば、やはり塗装されることをおススメします。


◆自然塗装
植物性の油脂を使用したオイル系の塗料です。塗料が木に染み込み、無垢の風合いを残しながら着色・耐水・耐久などの効果を発揮します。また、塗膜を作らないので、キズが付いた時の表面の補修もしやすいです。


◆クリア塗装
ウレタン樹脂系の透明な塗料です。フローリング表面に塗膜を張って、自然塗装よりも強固に耐久・耐水の効果を発揮します。しかし、イメージとしては、表面にプラスチックでコーティングしたようなものとなるので、やや肌触りが冷たく感じるかもしれません。

◆ちょっと一言
塗装の仕上げは一概にどれがいいなんてありません。「キズに強いのがいい。」、「無垢の自然な感じや香りを楽しみたい。」「『自分の家』ということで愛着も湧くし、せっかくだから記念に自分で塗装したい!」など、ご自身の中で、何を重視するのか考えると選びやすいと思います。





グレードについて

◆Aグレード
節、小穴補修が少なく、比較的きれいな柄がまとまったグレードです。張り上りがすっきりしてみえます。


◆Cグレード
節、小穴補修、入り皮などを含んだグレードです。自然感あふれ、個性的な仕上がりになるので、あえてこちらを選ばれる方もみえます。


◆ちょっと一言
無垢フローリングは上記でも述べたように、1枚1枚柄が違います。なので、必ずしも『Aグレードだから柄がきれい』、『Cグレードだから粗い』ということはありません。Aグレードの中にも柄が粗いもの、Cグレードの中にもきれいなものが多少混入していたりすることもあります。しかし、それも『無垢ならではの魅力』と、とらえてご理解いただきたく思います。





無垢フローリングについて、いろいろとわかって頂けたでしょうか?
わかりやすいようにと、長々と説明させていただきましたが、伝わりきらない部分もあるかと思います…。
もし、興味をお持ちでしたら、質問・カットサンプルのご請求など、お気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちら

 

About the owner

梶野郁弥

担当の梶野です。

無垢フローリングに魅せられた一人です。

愛知県豊田市にて、無垢フローリングの販売と施工を行っております。

新築・リフォームも承りますので、お気軽にお問い合わせください。

ぜひ当ショップでお気に入りの無垢フローリングを見つけていってください!!


ブログはこちら
ふろあ家ブログ↓
http://furoayablog.com/
当店のお得な情報や日々感じたことなど、「自由木まま」に綴っていきます。


フェイスブックはこちら
ふろあ家↓
https://www.facebook.com/furoaya


インスタグラムはこちら
IKUYA_KAJINO↓
http://instagram.com/ikuya_kajino


運営会社はこちら
建築工房きらく↓
http://kiraku-arch.com
住宅の新築・リフォームはお任せください。





Instagram

GMOとくとくポイント使えます

・対応可能地域・
愛知県全域

愛知県内(一部離島など除く)にお住いの方は、個数限らず一律1500円(税込)で配送致します。

愛知県外の方は、その都度お見積り、ご相談させていただきますので、お気軽にお問合せください。

施工に関しましては、愛知県内のみとさせていただいております。

Top